NEWS & BLOG

価格改定のお知らせ

価格改定のお知らせ

こんにちは。いつもお世話になっております。
メディアなどでお聞きした方もいらっしゃると思いますがコーヒーが値上がりしております。
今回の値上がりはブラジルの霜害や干ばつ。そしてコロナ堝による需給バランスの偏り、加えて輸送コストも増えたりで二重苦三重苦の厳しい状況が続いています。

ニューヨークのコーヒーの先物相場価格は2019年に比べなんと約2倍以上となっております。
それに加え円安とインフレも乗っかかっており仕入れが非常に大変です!!

小さな個人店が頑張っても、この波にあらがうことは難しいのですが一人一人が努力して価格を維持できるように努めておりましたが、なかなか難しいのです。
ご理解いただけると幸いです。

2022年4/1より価格を改定させていただきます。

先ずは新価格についてご説明いたします。

となりのblend 100g 594円→669円 (税込)
となりのblend 250g 1260円→1260円(税込)

コロンビア、エチオピア、ブラジル
100g 648円→756円
250g 変わらず

ケニア
100g 945円→972円
250g 変わらず

となります。

今回の値上げでは100gパウチを値上げさせていただいて250gの袋と500gの袋はなんと価格据え置きで販売させていただこうかと思っております。

そもそも弊店は輸入から焙煎抽出まで一貫して行っており、独自のルートで高品質なコーヒーを入手しています。
豆の品質からしたら「お安いね」と言っていただけることが多いです。
なので改定後の100gでも他のスペシャルティコーヒーのお店と比べて頂いてもお得なくらいだと思います。

少しでもお求めやすい価格で倫理的で美味しいコーヒーをお召し上がりいただきたいという思いは開店当初から変わっておりません。
価格が上昇する分、私が産地から買い付ける量を増やせばコストダウンにつながるので、販売価格を上げて今の利益幅を保つより、たくさんのお客様に日常遣いしていただくことで
より良い循環が続くと良いなと思います。ですので大容量のものがお得にお買い上げいただける価格設定にしております。

正直、スタッフやお店、取引先を守っていかないといけない経営者としてはこれでいいのかなと思う部分もありますが、
ここはひとつ挑戦してみようかと思います。難しくてすぐにやっぱりもうちょい値上げしますなんてことになるかもしれません。
そのときは何卒よろしくお願い致します。。。

最後にお客様にお願いするのは変な話ですが「よろしければ、よりたくさんお召し上がり頂きたい。」という思いがあります。
100gお求めのお客様は250g。250gお求めのお客様は500g。コーヒーも豆でお買い上げいただくと2か月間は品質が保たれます。
長く香りが続くような焙煎も研究してまいります。コーヒーミルの導入がまだの方はお勧め機種をお知らせしますのでお問い合わせくださいネ。

我々が行っているスペシャルティコーヒーはダイレクトトレードに近く、相場に惑わされず値崩れしないのが特徴とされています。
今のところは生産者の方々も無理な値上げをしてくれていないので出来ることなのです。それに応えていつもより買い付け量を増やせるようにしないとけません。

生産者さん、我々そしてお客様との長いお付き合いがあってこそだと思います。

長くなりましたが今後とも何卒ご愛顧のほどよろしくお願い致します。